何らかの効果が出てくれるかな・・・

 

 

 

 

アーシングを

 

 

 

 

 

施工してみよう♪

 

 

 

(カリーナ編)

 

 

  

 

*手が入りにくい場所にあったヘッドライトアースポイント

 

     

 先日、トランクの中を整理していると、以前チェイサーに数日間だけ着けていたアーシングキットが出てきました。

 

 

 このアーシングキットは、線が太くていいのですが、線を覆っている被覆が透明ビニール素材なのが何ともカッコ悪いのです・・・。このアーシングキットを使わなくなったのは、これが原因でした。

 しかし、折角あるのにこのまま使わないのも勿体無い。ということで、カリーナに装着してみることにしました。で、コードをこのまま使うか迷った挙句に考えた案とは・・・

 

 

d(^^) コードにビニールテープを巻いてみよう♪

 

 本当はブルーのビニールテープを巻きたかったのですが、買いに行くのが面倒臭かったので黒色のビニールテープを巻きました♪

 

注意!!

 エンジンルーム内は高温になります。ビニールテープでは、変形して剥がれ落ちる恐れがあります。危険ですので、この方法は絶対にやらないようにしてください!!自己責任において作業してください。

 

(って、普通やらないか・・・笑)

 

 

 

それでは、作業開始♪       (^^)ノ  頑張るっちゃ♪

 

 これから、このエンジンルームがどのように変わるのでしょうか〜♪

 

 

 装着箇所ですがコードが4本なので、 .丱襯ヘッド、▲┘鵐献鵐悒奪疋バー 左右ヘッドライトのアースポイント計4ヶ所に決めました。

 ´については、ものの2分で完了。で、残るはですが、このカリーナも我がチェイサーのようにヘッドライトのアース線は目視できるようなフェンダーパネル部分で取っているものだと思っていたら、なんとアース線らしきものが全く見当たらない・・・。

 

(−。−;) ま、マジかよ・・・

 

 仕方がないので、サイドランプユニットを外して、ヘッドライト裏を見てみると・・・

 

 

堯福□ ゜)  あっ!こんな狭いところにあるじゃん!!

 

 手が全く入らない、こんなところにありました・・・(滝汗

 さて、どうやっていくかな・・・。

 仕方がないのであれこれ外していき、結果このような状態になりました。

 

 

 少し分かりにくいかと思われますが、左側のヘッドライトユニットに関しては、ユニットが自由自在に動くようにビスが全て外されています。

 あとは、アース線のビスを外して、少し接点をお掃除して、

 

 

 アーシングコードを繋げれば完成♪

 

 

 画像ではアース線の上にアーシングコードがありますが、実際にはこの後順番を逆にしました。果たして効果が出るのかな〜。

 パッと見た感じ、エンジンルームもちょっとアクセントがついていい感じになりました♪

 

 

 ですが、やっぱり黒のコードはちょっとカッコ悪いかな〜。いつかは、ちゃんとしたコードに交換しようと思っています。

 

= 追 記 =

 

 ビニールテープは、やはり高温になる場所では変形などをして剥がれ落ちます。危険なので、コード自体が青色に着色されているコードに付け替えました。