滅多にないカリーナ同士のプチオフ♪

 

 

 

前期と後期を

 

 

 

 

 

  

並べましょプチオフ♪

 

 

 

 

 

 

*デビュー時、プ○ョーに似てるといわれた前期型

・日時 

 

2009年 7月25日 (土) 午後3時00分〜

 

 先日、81マーク蕎茲蠅りょうさんからとあるお話を聞きましてね・・・。

 その内容とは、

 

 『今度、マーク兇車検なんですけど、代車にどうやら

                                      カリーナが用意されるらしいんですよ

 

 とのこと。

 

 で、いざ車検当日になりましたらりょうさんより代車の写メールが送られてきまして、見てみたらなんとカリーナはカリーナでも私のと同じ210系のカリーナセダン♪

 

(´▽`) ナカーマ♪

 

 ということで、ちょいとプチオフをさせていただくことになりました(^^)

 

 現地に向かう途中、国道を走行しておりましたら普段は絶対混まない場所で大渋滞が発生・・・。もしかしたら、この先で事故でも起こったんかなー?と思いながら微速で進んでいきますと、前を走る車が右に膨れて急加速したので、私もそれに続こうと加速しようとしたら目の前に・・・

 

 

(・0・) 子犬が2匹いてるやん!!

 

 この子犬たち、車を恐れないために平気でこちらに向かってきますし、道路のど真ん中で円を描きながらグルグル回って追っかけっこをしているので、これが大渋滞の原因だったんですねー。

 

 しばし動向をチェックして、隙を見て子犬トラップ()をクリアした後、待ち合わせ場所に到着。

 

 

 前期型のカリーナと並べてじっくり見比べる機会はそうそうないので、非常に嬉しゅうございました♪

 さて、今回りょうさんが乗ってこられたカリーナは、特別仕様車である前期型のSiマイロード。

 

 エンジンは1800ccで、省燃費エンジンの先駆けとなった7A−FE型リーンバーンエンジンを搭載しております。

 早速エンジンルームを見せていただきましたが、7A−FE型エンジンはうちのカリーナに載っている1500ccの5A−FE型エンジンと同じA型エンジンなので、

 

 

 

 エンジンルーム内は全くの瓜二つでございました♪

 こうやって見てみると、A型はやはりコンパクトなエンジンだなーって思います。

 

 その後、トランクを見せていただいている時にりょうさんが気づかれたのですが、トランクパネルの右側に使われていないカプラーがむき出しになっていました。

 で、うちのカリーナにもカプラーがあるかどうかチェックしてみましたら、

 

 

 

 何かのカプラーと結合されて使用されていたので、このカプラーはまず間違いなくリヤスポイラー内に内蔵されているハイマウントストップランプ用の配線カプラーですね。

 配線が来ているので、リヤスポイラーを装着する時は配線接続が容易にできますね。

 

 そして、これまたりょうさんが気づかれたことなのですが、リヤバンパーに貼られる『AICHI TOYOTA』のステッカーなんですけれども、

 

 

 

 ステッカーはすべて共通だと思ってましたが、見比べると色が違いました(

 これは、車体色に合わせて貼り分けているんでしょうかね??

 やはり、他の車と見比べるといろいろな発見があって楽しいです(^^)

 

 しばし会話をしていると、りょうさんの携帯電話にディーラーさんからお電話が。

 

*ディーラーの方とお電話中のりょうさん。

 

 修理箇所もなく、無事に車検が通ったとの連絡で安心しておられました。

 これでまた2年間、安心して乗れますね(^^)

 

 りょうさん、お忙しい中どうもありがとうございました♪