ちょっとイメージチェンジ・・・

 

 

 

 

デジタル時計の

 

 

 

 

 

 

 

 

文字色を変えてみよう

 

 

  

 

*意外と簡単にバラせますね。中身は機械って感じ

 

  

 以前、ヤマさんが1号機で施工してらっしゃったデジタル時計の文字色変更。以前からずっとやってみたかったのですが、今まで放置プレーでした・・・。

 ヤマさんからアドバイスを頂いた時、『セロファンの綺麗な色が完全には出ないですよん♪』とは言われましたが、イメージチェンジできるならこのDIYはアリやなと思い、頑張ることにしました。

 

 

 それでは作業開始♪           (^^)ノ がんばりますっ♪

 

 ,泙困蓮▲妊献織觧計本体を外します。外すまでの工程は、何度か他のDIYの時に載せていますので割愛させて頂きます。

 

 

 外したデジタル時計を早速分解しましょう。時計本体の上辺と下辺にそれぞれ2ヶ所ずつツメがあります。私は上辺のツメを外しました。折れないように、慎重に外します。

 

 

 外すとこのようになりますね。

 

 

 外したパネルを見てみると・・・

 

 

堯福□ ゜) あーっ!! パネル自体に色がついてる!!!

 

 これでは、セロファンをかませても色が綺麗に出ないかも・・・。ヤマさんのアドバイスの意味がよく分かりました。果たしてどうなることやら・・・。

 

◆ー,法表面パネルを更に分解します。ゆっくり慎重にこじると、ちゃんと分離させることが出来ます。

 

 

 そして、次にセロファンを準備します。今回は、文房具屋さんにあった物を使用。価格は126円でした。 

 

 

 これを、表示に関わる分だけの大きさにカットして置きます。

 

 

 

 あとは、先ほど分離させた表面パネルをはめ込めば完成!!

 

(^^)ノ  完成っ♪ 

 

 今回購入したセロファンには、赤・黄・青・緑のセロファンがあったので、全色を試しに作ってみました。まず、パネルの色はと言いますと・・・

 

 

  

 

 

 特に赤は、変色がかなり期待が出来そうですねぇ〜♪

 で、装着した状態はと言いますと・・・

 

 

  

 

 という風になりました♪

 赤なんかは、やっぱり期待通りの変色っぷりをしてくれました。計器類の照明色を赤色やアンバー色に変更されている方にはもってこいのDIYですね♪

 この中で結局私は、青セロファン仕様を選択しました。なかなかいい塩梅です♪

 

(^^*) やってよかった♪

 

 ただ、これをやる時の注意点ですが、セロファンをパネルの途中に挟むわけですので、当然のことながら表示部の透過率が低くなります。

 ノーマルの状態よりも照度が落ちますので、その点には気をつけてくださいね♪