ひび割れたままではいけませんしね♪

  

 

 

内装パネルを

 

 

 

 

 

 

良品に交換しよう♪

 

 

 

(その他もあり)

 

*一部G内装化も済んで、内装全体が締まりました

   

  以前、サテライトスイッチをビスで固定する際に、ネジ穴がずれているにもかかわらず無理やり締め込んだので、上部内装パネルのネジ穴の部分にひびが入ってしまい、サテライトスイッチがしっかりと固定できなくなっていました。

 

 

 その他にも、ネジの締めすぎで破損していた部分があったので、この際パネルを交換することにしました。

 

(^^)ノ やったるどー!

 

 で、いつもの解体屋さんに行くと、ちょうど入荷したての後期マーク兇あったので、譲っていただきました。フェンダーマーカーと合わせて1000円也♪

 

*上が今までのモノ。下が今回仕入れた良品のパネル。

 

 ここで注意点ですが、必ず前期型車には前期型から、後期型車には後期型からパネルを外してください。

 パネルを取り付ける前に、軽く全体をキレイに拭きあげ、次にデジタル時計を外して、新しいパネルに取り付けました。これでパネルの下準備は完成。それでは、取り付け・・・といきたいところなのですが、せっかくパネルを外していることなので、今までなかなかやれなかったマルチメーター(電圧・内外気温度計一体のモノ)の取り付けと、ダミーで取り付けているエアピュリ(空気清浄機)のスイッチのイルミを光らせる作業も、この際やってしまうことにしました。

 

(^^)ノ やっちゃうぞー!

 

 まず、マルチメーターですが、以前から取り付けていた内外気温度計と電圧計が、先日の連日の猛暑のせいでやられてしまい、表示が全く出ないようになってしまいまして・・・。2週間前にこれを購入したのですが、なかなか取り付けできずにいました。

 

 

 取り付けはいたって簡単。電源を取った後は、外気温測定センサーを取り付けるだけ。ちなみに、センサーの取り付け位置は以前使用していた内外気温センサーと同様、運転席側のAピラーにしました。

 

 

 続いて、エアピュリスイッチですが、

 

 

 裏側を見ると6本の線が出ており、このうち緑/白の線がプラス(+)黒/白の線が(−)でした。

 

 

 これらの線を、デジタル時計のアクセサリー電源から分配してきた線とギボシで繋いで光らせようと思ったのですが、今後パネルを取り外したりする際に何度も引っ張ったりすることが予想される為、スイッチ裏の配線保護の意味もあって、エーモンさんから出ている2極カプラーを使用することにしました。

 

*ギボシ加工もいいですが、この方が配線を外す際に簡単に脱着できます♪

 

 それぞれ加工をして、

 

 

 

 無事に装着完了♪少々暗い感はありますが、ちゃんと光っているのでいかにもエアピュリ装着車に見える様になりました。