部屋からエンジン始動も可能♪

 

 

 

 

リモコンエンジン

 

 

 

 

 

 

スターターを装着しよう

 

 

 

 

*やっとこのリモコンをキーケースに付ける日が!

 

   

 学生時代、いろいろな自動車雑誌を愛読しておりました。その中で、ある雑誌に投稿したところ、なんと私がリモコンエンジンスターター『スターボRS−50』に当選してしまったのです♪

 当時はまだ自分は学生の身でしたので、マイカーなど持っておりませんでしたので特に使うこともなく今日まで押入れの中に眠らせておいたのです・・・。

 今年1月、三重県で真夜中に参戦したオフ会で(詳しくはJackyさんのホームページの2006年新年会オフ参照)ゆきおさんから81用のスターボ車種別ハーネスを譲って頂く機会があり、装着を決意しました。

 

\(T▽T) 無償で譲って頂き、感謝致しております♪

 

 装着にあたり、下調べをと思って説明書を読んでいると『オルタネーターL端子の接続について』という項目がありました。読んでみると、エンジンがかかった後もスターターが回り続けるのを防ぐ信号を出すのがこのオルタネーターL端子というものだそうで、ここから配線を分配してこないといけないような記述がありました。

 しかし、この事を皆さんに相談したところ、スターボを装着したことがある方々からこの配線の必要は無いとのアドバイスを頂いたので、今回はこの配線は無視することにしました。インパネばらしなどはあんまりやりたくないので、必要が無いことを知って一安心。

 

(−。−)  ホッ・・・

 

 

 では、作業開始♪           (^^)ノ がんばるっちゃ♪

 

 今回の装着品はこんな感じ。

 

  

 

 10年以上経っている製品ですが、未使用品なのでめっちゃキレイ。この本体とあとは、ゆきおさんに譲って頂いた車種別ハーネスで装着が完了となります。

 

 

 

 ,泙困蓮▲ぅ鵐僖佑个蕕靴ら。キーシリンダー部のパネルを外し、

 

 

 

 運転席のロアパネルを外します。ビス3本を外せば、ごそっと外れますね。

 

 

 そしてあとは、ミラー調整リモコンの下の辺りのネジを1本と、その反対側である、ちょうどエアピュリスイッチの辺りにあるビスを1本、

 

   

 

 そして、キーレスのメインスイッチ部のところにあるビス1本と、その反対側のビス1本の計4ヶ所のビスを外せば、

 

   

 

 あとは破損に気をつけてゆっくり手前にパネルを引けば、ごっそり外れます。スピーカーの配線の断線にお気をつけくださいね♪この時に、エアコンのダクトを取っ払っておくと作業がしやすくなります。

 

 

 

◆ー,法▲ぅ哀縫奪轡腑鵑離プラーを探します。キーシリンダーからずーっと伝っていくと、黒色のカプラーがあります。これがそうですね。

 

 

 

 このカプラーに、車種別ハーネスをかませます。車種別ハーネスには、白色と黒色のカプラーがありますので、

 

   

 

  外したイグニッションのカプラーにちゃんと合う様にかませます。

 

   

 

 かませたら、次にスターボ本体車種別ハーネスを繋げます。お互いの配線の一部に白色の3極カプラーがありますので、かませてください。

 

  

 

 かませたら、そのカプラーの脇に白色のギボシ加工した白色の配線もお互いにありますので、これも接続しましょう。

 

 

 

ぁー,法安全装置の為の配線をします。説明書には、サイドブレーキの検出配線に配線を・・・と書いてあります。この配線をしないと正常作動しませんのでご注意を。この他にも、この配線をブレーキの配線に割り込ませても良いそうです。私は、サイドブレーキを選択しました。私の車は足踏み式ですので、サイドブレーキのペダル部分の根元を見ると、簡単に目視できます。付け根に緑色の配線がありますが、これがサイドブレーキの検出配線です。 

 

 

 ここから、配線コネクターを利用して分配しました。

 あとは、スターボ本体車種別ハーネスにそれぞれ付いている黒色のアース線をボディーに落として、無事終了♪

 いざ、リモコンをONにすると・・・

 

(T△T) スターターが回りっぱなしになってる・・・

 

 あらら・・・。何度やってもスターターが回りっぱなしになるではありませんか!!この時点で嫌な予感が頭の中をよぎりました・・・。

 念のため、説明書をまた何度も何度も読み返しました。すると・・・

 

『オルタネーターL端子への接続が必要です』

 

 という言葉が何度も何度も出てくることに気がつきました。これってもしかして・・・

 

(^^;) 配線が絶対に必要って事かな??

 

 と悟ったのです。ここまで来たら、面倒でもやるしかない!!先日、ユニコーンもどきさんから、『1G−FEのアナログメーター車の場合、茶色のカプラーの7番の黄色い線がオルタネーターL端子の線です』との情報を教えてくださっていたので、ここから分配することにしました。

 

(T▽T) もどきさん、サンクス♪

 

 早速、メーター周りのパネルのばらし作業を開始。この作業は、過去に何度もやっておりますので割愛させていただきます♪

 で、早速メーター裏の図ですが

 

 

 

 

 この中の茶色のカプラーを見ると、黄色の配線がありました。これが、オルタネーターL端子です。ここから配線を分配しました。

 

   

 

 あとは、これを本体に繋げて、そしてダッシュボードふちに電波受信用アンテナを取り付け、リモコンスイッチをON!! 

 

 ポチっとな♪  \(^^*)

 

 すると、見事に正常作動しました!!!  

 

(T▽T) 感動ものですな♪

 

 しばらく何度も遊んでしまいました(

 安全装置もしっかりと働いており、エンジンキーを挿さずにサイドブレーキを解除すると、エンジンがちゃんと止まり、発進を防いでくれます。

 今回は、非常に多くの方々に助けられての装着でした。皆様、本当にありがとうございました!!