やはり夜間のドライブが楽しくなります♪

 

 

 

 

 

VSDベーシスを

 

 

 

 

 

 

装着してみよう〜♪

 

 

 

*速度が一目で分かるようになりました♪

     

 以前、チェイサーに装着していたVSDベーシス

 これは、速度やエンジン回転数の数値をフロントガラスに映し出して、視線移動をさせることなくドライバーに情報を伝えるというスグレモノ。

 チェイサーを処分した後、ずーっと物置で眠らせておりましたが、折角のパーツなのでこれをカリーナに取り付けることにしました。

 

それでは作業開始♪       (^^)ノ 頑張るっす♪

 

 まず、VSDベーシスを動かすには4本の配線を結線する事が必要です。

 その4本とは、.ぅ哀縫奪轡腑鵝福榲展察⊆崑信号エンジン回転信号ぅ◆璽 です。

 最初に、イグニッション(+電源)アースの結線に取り掛かりました。

 

 ですが、イグニッションが上手く結線できなかった為、とりあえず本体を動かすには+電源を確保できればいいので、イグニッションではなくアクセサリー電源から取ることに変更しました。

 シガーソケットの配線から分配したところ、

 

 

 見事に電源が入りました♪♪

 これで、あとは車速信号エンジン回転信号を結線するのみです。

 

 配線を分配する位置ですが、配線の長さ等を考慮して、ECUからではなくメーター裏の配線から分配することにしました。

 メーターに繋がる配線は、全部で3つのカプラーから構成されており、

 

 

 カリーナの修理書で、配線図をチェックしてみると、

 

 

 車速信号はAカプラー(青)の7番目の配線、エンジン回転信号はCカプラー(茶)の1番目の配線ということが分かりました。

 それぞれ結線して、

 

 

 電源を入れたら、無事に動作致しました♪

 

  *車速表示              *エンジン回転数表示

 

 やっぱりいいですね〜♪

 速度表示は、40キロの時点で誤差は1km/hありますが、許容範囲内だと思います。

 エンジン回転数は、ほとんど誤差無しで大丈夫ですね♪

 見易くて、取り付けて本当に良かった良かった♪

 これから、夜のドライブが楽しみになりますね〜(^^)