昼間でもはっきり分かります!!

 

 

 

 

パワーウィンドウスイッチ

 

 

 

 

 

 

 

 照明を明るくしよう♪

 

 

 

 

 

*予想以上に綺麗に光っています♪ 

 

   

 以前からチェイサー乗りの大先輩であるパンダマンさんのサイトなどを見ていて、ものすごく光輝度LED内蔵のパワーウィンドウスイッチが欲しかった・・・。

 

(´▽`)  オイラも欲しいなぁ〜

 

 欲しくなったとはいえ、LEDの知識があるわけではないので作れるかどうか自信はありませんでしたが、これも1つの勉強。パワーウィンドウスイッチを破壊も覚悟の上で、自分で作ってみることにしました。

 今回の製作にあたっては、パンダマンさんいづみさんのサイトを参考にされたとのことだったので、私もコチラのDIYレポを参考にしました。

 

(^^ゞ いづみさん、いつもすみません・・・

 

  

 では、製作開始♪           (^^)ノ  ガンバルっちゃ♪

 

 ,箸蠅△┐此パワーウィンドウスイッチAssyをドアから外す外し方は割愛させて頂きます。それで、さくさくっと分解していきます。パワーウィンドウスイッチAssyを裏返し、3本のビスを外します。そうすると、スイッチ表面の上蓋が外れます。

 

 

 そして、上蓋が外れたら今度は、スイッチ部と本体部を分離させる為に4本のビスを外します。

 

 

 

 ビスを取ったら、ウィンドウロックボタンを外し、

 

 

 

 スイッチ部全体をゆっくり真上に引き上げましょう。本体部の部品は、小さなバネや金属部品がいっぱいで、また固定がされていないものが多くありますので、紛失に注意してください。

 

 

◆ー,法基盤の切り離しです。今、分離させたスイッチ部の裏側を見てみると、3枚の基盤があります。それぞれの基盤に既存のLED抵抗が埋め込まれているので、基盤を外す必要があります。

 

 

 

 基盤は、スイッチ部のパネルから生えている2本の支柱で固定されています。基盤を突き抜けた支柱の先端が、熱か圧力かで平らにされてつっかえになっているので、基盤が落ちたりしないという非常に簡単な手法で固定がなされています。

 

 

 

 今回は、この平らにされている部分を切り取って基盤を取り外しました。くれぐれも、この支柱をすべて撤去しないようにしましょう♪ちゃんと残しておけば、後で基盤を戻す時に正確な位置に戻すことができます。

 

 

 

 取り外した基盤ですが、このようになります。 

 

 

 

 これ自体、元々小さなLEDを使用しているわけですが、光量が少ない上に緑色に着色されたLEDなので光が弱いようです・・・。

 

 それでは、基盤に新しくパーツを埋め込んでいきます。今回使用するLEDは、以前カー用品店で特売で売っていた室内装飾用の電飾の中に組まれているLEDを使用することにしました。この1セットで、なんと4発のLEDが取り出せます♪

 

 

 

 で、無事に取り出せたLEDを基盤に組み込んでいき、

 

 

 完成〜♪

 

 

 

 取り外したLEDですが、これはまた何かに使えそうなので取っておきます♪

 

 

(^^)  15年間お疲れ様でした♪

 

 あとは、今までの逆の順番でパーツを組んでいけば完成。

 

(^^)ノ お疲れちゃ〜ん♪

 

 装着した状態はといいますと・・・

 

 

 

 

 (^^*) めっちゃキレイ♪

 

 無事に点灯して良かったです♪今回、製作の後押しをしてくださったパンダマンさんと、制作方法の情報を提供して頂いたいづみさんには、本当に感謝いたします。

 本当に、どうもありがとうございました♪